捕る動作が鍵!ボールキャッチでテニスのボレーの基本を身につける

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスのボレーの基本を身につけるボールキャッチをご紹介します。

ボレーの基本は「ボールの軌道上にラケットをセットする」ことです。

これを、ボールキャッチを通して身につけていきます。

ボレーにつながる!ボールキャッチ

それでは、テニスのボレーにつながるボールキャッチをいくつかご紹介します。

ほとんどのメニューがテニスボールがあればできるものです。

普段のテニスの練習に取り入れてみてください。

基本のボールキャッチ

  1. 2~3mくらい離れて向かい合って立ちます。
  2. 一方が下からゆっくりと投げたボールを、肩の高さでキャッチします。
    このとき指が上向きの形でキャッチします。
  3. これを繰り返します。

これを右手・左手両方で行います。

利き手側のボールキャッチはフォアボレーに、非利き手側のボールキャッチはバックボレーにつながります。

 

2個のボールを使ってボールキャッチ

  1. 2~3mくらい離れて向かい合って立ちます。
  2. お互いに1個ずつボールを持ち、同時に下からゆっくりと投げます。
  3. 指が上に向く形で、飛んできたボールをキャッチします。
  4. これを繰り返します。

これは、投げると同時にキャッチの準備を始めることになるため、難易度が高くなります。

ボレーは時間的余裕がないため、素早い準備を身につける意味でも、これを行うのはよいと思います。

 

ランダムに投げてボールキャッチ

  1. 2~3mくらい離れて向かい合って立ちます。
  2. 一方がボールを下からゆっくりと投げます。
    このとき、投げる位置や高さはランダムにします。
  3. もう一方は、相手が投げたボールに合わせてキャッチします。
  4. これを繰り返します。

このボールキャッチでは、ボールの位置に動いたり、ボールの高さに合わせて手の位置や体勢を変えることが要求されます。

この動きが、左右に動いてのボレーや、ローボレー・ハイボレーにつながります。

 

コーンでボールキャッチ

  1. 2~3mくらい離れて向かい合って立ちます。
    ボールを受ける側は右手にコーンを持ちます。
  2. 一方がボールを下からゆっくりと投げます。
  3. 飛んできたボールをコーンでキャッチします。
  4. 左手でコーンを持って行います。

このボールキャッチでは、コーンという道具が出てきます。

テニスのボレーは、ラケットを使って打つため、道具を扱う能力も必要です。

コーンをラケットと同じくらいの長さの虫取り網に変えると、よりボレーに近くなります。

 

最後に

今回は、テニスのボレーの基本を身につけるボールキャッチをご紹介しました。

ボレーの練習前に、テニスボールを使って取り入れると効果的です。

ボールキャッチを行うことで、ボレーの土台になるコーディネーション能力を高められます。

「簡単だから」とおろそかにせず、しっかりと取り組めば効果があります。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 神谷勝則:基本が身につく テニス練習メニュー200(2011)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.