ラリー序盤で重要!テニスでのV・A攻撃の戦術的なラリー練習

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスでのV・A攻撃の戦術的なラリー練習をご紹介します。

V攻撃では角度をつけたボール、A攻撃ではボールの深さが鍵となります。

 

近年のテニスでは、「リターンのセンターセオリー」が戦術的に重要となっています。

そのため、サーブ後やリターン後といった、ラリー序盤に関係の深いパターンといえます。

サーブ(リターン)からの流れをしっかりとトレーニングしておくのは重要です。

V・A攻撃の戦術的なラリー練習での注意点

まずは、注意点を確認します。

ターゲットゾーンを設定する

ターゲットゾーンの設定はとても重要です。

ターゲットゾーンを設定して、しっかりとボールコントロールを意識して行いましょう。

 

フットワークが緩慢にならないように注意する(V攻撃)

センターへのボールだと、動く距離が短く足が止まりやすくなります。

しかし、いいショットを打つためには、正面にくるボールから横に逃げて適切な打点で打つ必要があります。

 

テニスでのV・A攻撃の戦術的なラリー練習

それでは、戦術的なラリー練習の具体例をご紹介します。

V攻撃vsA攻撃

まずは、ボールコントロールを確認します。

V攻撃側

  • 両サイドのクロス深くと両サイドのサービスライン付近を狙って打ちます。
  • 最初はスピン系のボールを打ち、慣れてきたら「9つのボール調整」を使って戦術的に配球を組み立てます。

A攻撃側

  • センターの深く(サービスラインとベースラインの中間よりも後ろ)を狙って打ちます。
  • 「9つのボール調整」を使って戦術的にボールに変化をつけていきます。

A攻撃では、ボールの変化で相手を崩す戦術が必要となるので、相手の打ちにくい配球を意識します。

 

V攻撃vsA攻撃(V攻撃とA攻撃が入れ替わる)

次は、「V攻撃側のボールがターゲットゾーンよりもセンターに来たら、V攻撃側とA攻撃側が入れ替わる」という条件をつけます。

A攻撃側の戦術としては、主導権を奪うことが目的です。

相手のボールが甘くなれば「戦術がハマった」といえます。

戦術的な配球で相手を崩し、チャンスがきたときに冷静にV攻撃に切り替えられるようにトレーニングしておきましょう。

 

サーブからV攻撃vsA攻撃

今度は、V攻撃側のサーブからスタートします。

この形は、サーブ後・リターン後に現れやすいです。

サーバーはサーブからの3球目で決めるつもりで、レシーバーはできるだけ互角の状況になるように、ショットを打っていきます。

 

最後に

今回は、テニスでのV・A攻撃の戦術的なラリー練習をご紹介しました。

近年のテニスの戦術では、センターセオリーの重要性が高まっているため、この形はしっかりと練習する必要があります。

特に、テニスは1回のラリーのショット数が少なくなり、サーブ・リターンと次のショットはキーショットといえます。

サーブ(リターン)からの流れは、しっかりとトレーニングしておきましょう。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術① 戦術を考えるために必要な基礎知識(2012)
  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術② サービスキープは勝つための絶対条件(2013)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.