戦術的なテニスプレーヤーの育成に必要な考え方

2020/08/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、戦術的なテニスプレーヤーの育成方法に関する考えを書いていきます。

戦術的なテニスプレーヤーの育成に必要な考え方

戦術的なプレーは次の2つの要素を掛け合わせたものだと考えます。

戦術的なプレー=戦術的思考力×ボールコントロール力

戦術的なプレーのカギは、いかに戦術的に最善の選択をして(=戦術的思考力)それを適確に実行できるか(=ボールコントロール力)です。

戦術的なテニスプレーヤーを育成するには、戦術的思考力とボールコントロール力を向上させる必要があるといえます。

 

戦術的思考力

戦術的思考力を高めるためには次のような要素が必要だと考えられます。

  • テニスの戦術に関する理解・実践
  • 状況に応じてラリーを組み立てる創造力

テニスの戦術というのは、テニスの7つの基本戦術各ショットの戦術的役割を指します。

また、ラリーを組み立てる創造力という点では、相手との駆け引きが重要になります。

これには、相手のショットの予測や状況判断などの様々な要素が含まれます。

 

ボールコントロール力

ボールコントロール力について、少し掘り下げて考えます。

まず、スポーツ技術について次のような考え方があります。

スポーツ技術は、ある一定のスポーツの課題をもっともよく解決していくために、実践のなかで発生し、検証された仕方であると解されよう。

クルト・マイネル(金子明友訳):スポーツ運動学(1981)

前半の「ある一定のスポーツの課題をもっともよく解決していく」という部分に着目します。

スポーツには勝つために解決しなければならない課題があります。

テニスでいえば、ポイントを取ることです。

そのために必要な技術とはどのようなものでしょうか?

テニスで求められる技術とは、あらゆる状況(ポジション・体勢・相手のショット)で狙ったところに楽にボールを打つことができる技術(=ボールコントロール力)だと考えられます。

 

では、ボールコントロール力を高めるにはどうすればいいのでしょうか?

私は、身体を操る能力(コーディネーション能力)ターゲットゾーンを設定したラリーがカギになると考えています。




 

最後に

今回は、戦術的なテニスプレーヤーの育成に関する考えについて書いてきました。

この記事のポイントをまとめます。

  • 戦術的なプレー=戦術的思考力×ボールコントロール力
  • 戦術的思考力=基本的戦術×相手との駆け引き
  • ボールコントロール力は、コーディネーショントレーニングとターゲットゾーンを設定したラリーで高める

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.