テニス上達につながる!キャッチボールで球技の能力アップ!

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニス上達につながるキャッチボールの方法をご紹介します。

キャッチボールは球技の基本ともいえる「走る(動く)」「捕る」「投げる」の要素を手軽にトレーニングすることができます。

キャッチボールで球技の能力を高めて、テニスの質を高めていきましょう。

 

キャッチボールとテニスの関係

まずは、なぜキャッチボールがテニス上達につながるのかをご説明します。

キャッチボールとテニスの関係について、次の2点から見ていきます。

①テニスでボールを打つときの動きがキャッチボールに似ている

②テニス上達にはボールの軌道の予測能力が必要

それぞれを詳しくご説明します。

 

テニスでボールを打つときの動きがキャッチボールに似ている

例えば、テニスでストロークを打つとき、次のような流れになります。

  1. 打球ポジションまで走る
  2. 狙う地点にストロークを打つ

これをキャッチボールに当てはめると、次のようになります。

  1. 打球ポジションまで走る→走る(動く)
  2. 狙う地点にストロークを打つ→捕る・投げる

このように、道具や動きに違いはあるものの、動きの根本の部分は似ているといえます。

テニスもキャッチボールも、もとをたどれば「球技」であることを考えれば、ある意味当然かもしれません。

 

テニス上達にはボールの軌道の予測能力が必要

テニス初心者が最初に苦労するのは、「ボールの軌道にスイングを合わせる」ことです。

これには、ボールの軌道の予測(ボールがどこに落ちてどう弾んでくるか)が関係します。

ボールの軌道の予測能力を高めるのに、キャッチボールは手軽なトレーニングになります。

 

もしかしたら、中には「キャッチボールなんてわざわざしなくても、テニスの練習をすれば自然とボールの軌道も分かるんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、テニスの練習をすれば分かるようになるというのは、その通りだと思います。

ただ、ボールを打つ練習では、道具(ラケット)を操るため、動きがより複雑になります。

ボールの軌道に慣れるために、まずは道具を使わないシンプルなキャッチボールを取り入れるのがよいと思います。

 

テニス上達につながるキャッチボール

それでは、テニス上達につながるキャッチボールの方法について見ていきます。

ノーバウンドでキャッチボール

これは、テニスでいえばボレーにつながります。

近い距離(3~5m程度)でお互いの胸にめがけてゆっくりとボールを投げます。

投げ方は、上手投げ・サイドスロー・下手投げと様々な投げ方で行います。

慣れてきたら、次のようなバリエーションも取り入れてみましょう。

  • 非利き手側で行う
  • 投げる側の狙う位置を変えてみる
    (例:腰の高さでキャッチできるように投げる)
  • 相手が2,3歩動く位置に投げる
  • 捕ってから投げるのを早くする
  • 2個のボールを使う

 

ワンバウンドでキャッチボール

これは、テニスでいえばストロークにつながります。

少し離れた距離(7~9m程度)でバウンドして相手の胸に届くようにボールを投げます。

これも、様々な投げ方で行います。

慣れてきたら、次のようなバリエーションも取り入れてみましょう。

  • 非利き手側で行う
  • 投げる側の狙う位置を変えてみる
  • 地面にフラフープを置いて、そこでバウンドさせる
  • 相手が2,3歩動く位置に投げる
  • 捕ってから投げるのを早くする
  • 2個のボールを使う

 

キャッチボールでのゲーム形式

サービスボックスをコートに見立てて、キャッチボールでゲーム形式を行います。

ルールは次の通りです。

  • キャッチしたらその場所で下からすぐに投げ返す
  • ツーバウンド、ネット、アウト、キャッチ失敗は失点
  • 速いボールは禁止

これは、テニス初心者の方だけでなく、ボールコントロール能力が低い選手に対する戦術指導の導入にも使えます。

 

最後に

今回は、テニス上達につながるキャッチボールをご紹介しました。

キャッチボールは特別な道具も必要ないので、ウォーミングアップとして取り入れるのもよいかと思います。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 神谷勝則:基本が身につく テニス練習メニュー200(2011)
  • 神谷勝則:テニスはキャッチボールでうまくなる!(2012)
  • リチャード・ショーンボーン:ショーンボーンのテニスコーチングBOOK(1999)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.