ポイントは”試合で使えるか”!テニスの技術・スキルトレーニング

2020/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスの技術・スキルトレーニングについて見ていきます。

ポイントは、「試合で使えるか

試合を想定した技術・スキルトレーニングに必要な考え方をご紹介します。

技術・スキル向上の基本的な考え方

「テニスにおいて、技術・スキルはポイントを取るための手段である」と別の記事で取り上げたことがあります。

 

ポイントを取るための手段ということは、試合で使えなければ適切な技術・スキルではないといえます。

試合で使える技術・スキルを習得するには、練習段階から試合を意識するとよいです。

 

試合で使える技術・スキルを身につけるために、次の式を意識する必要があります。

コーディネーション能力×ラリー経験=技術・スキルの質

この式から、次のような流れで練習をするとよいです。

  1. コーディネーショントレーニングで技術・スキルの土台をつくる
  2. 技術要素の高いラリーでテニスの技術・スキルを向上させる

 

試合で使える技術・スキルのトレーニング

1の「コーディネーショントレーニング」は、以下の記事で詳しく述べました。

 

今回は、2の「技術要素の高いラリー」について見ていきます。

 

球出し練習ではなくラリーを選択する理由は、「試合に近い状況で練習するため」です。

実際の試合で、球出しのような打ちやすいボールが返ってくることはほとんどありません。

ベースは、相手との打ち合い(ラリー)です。

ラリーを通して、試合で使える技術・スキルを磨いていくことが大切です。

 

技術要素の高いラリーでは、ボールコントロール力の向上がメインとなります。

コーディネーショントレーニングで身につけた身体の使い方やラケット・ボールの操作能力を土台に、自分のイメージしたボールをラリーの中で表現できるようにするのが目的です。

ボールコントロールを意識するために、ターゲットゾーンや条件(球種、高さなど)を設定し、ラリーの狙いを明確にします。

 

最後に

今回は、テニスの技術・スキルトレーニングについてご紹介しました。

今回の記事をまとめておきます。

  • 技術・スキルの練習では「試合で使えるか」を意識する
  • コーディネーショントレーニングと技術要素の高いラリーで技術・スキルを磨く
  • 技術要素の高いラリーではボールコントロールを意識する

 

カテゴリー 「」
(件数:0)
戦術的なテニスプレーヤーを育成する
1970.01.01

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.