戦術的なサーブ練習

2020/07/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、戦術的なサーブの練習方法についてご紹介します。

次の記事と合わせて、ぜひ読んでみてください。

 

ターゲットゾーンを狙ってサーブ練習

第1局面のサーブでの準原則は「多彩なサーブで相手を崩す」です。

まずは、様々な球種をあらゆるコースに打ち分けられるようにします。

具体的には、ターゲットゾーンを設定してサーブを打つというシンプルなものです。

ターゲットゾーンは、センター・ワイド・ボディの3つに加えて、浅いワイドを加えた4つのゾーンを設定します。

それぞれのコースに対して、球種や回転量、スピードを変化させながら打ち分けられるようにします。

ポイントとしては、漠然と打ち分けるのではなく、相手にどういうリターンをさせるのかをイメージしてサーブを打つようにしてください。

この意識があるかないかで、サーブ練習の質も変わってくると思います。

 

レシーバーがいる状態でサーブ練習

コースに様々な球種をある程度打ち分けられるようになったら、レシーバーを立たせてサーブ練習を行います。

レシーバーには、実際に試合のつもりでリターンを打ってもらいます。

この練習の狙いは、どのようなサーブを打ったらどういうリターンが返ってくるのかという情報を蓄積させることです。

また、レシーバーにサーブを受けた感想を言ってもらって、相手の視点に立ってサーブの配球を考えられるようにすることも重要です。

レベルが上がってきたら、サーバーに「レシーバーにこういうリターンを打たせる」という指示を出して、指示通りのリターンをサーブで誘導できるかという課題に挑戦してみるのも面白いと思います。

 

サーブとリターンだけでポイント形式

ここまでで、戦術的に効果的なサーブはどういうものか、サーブによってどのようなリターンが返ってきやすいかが、少しずつ見えてくるかと思います。

次は、身につけてきた技術と戦術的思考力を活かして、サーブとリターンだけでポイント形式を行います。

ルールは単純で、レシーバーが指定したターゲットゾーンにリターンを返せたらレシーバーのポイント、そうでなければサーバーのポイントという形で、ポイントを数えていきます。

具体的なパターンとしては、次のようなものが考えられます。

  • サーバーはファーストサーブのみで、レシーバーはセンター深くのターゲットゾーンにリターンを返す
  • サーバーはセカンドサーブのみで、レシーバーはダウンザライン、クロス、ショートクロスのいずれかに返す

この練習では、サーブ自体の質はもちろんのこと、レシーバーとの駆け引きも意識しながら行います。

 




 

サーブから3球目までの流れ

今度は、サーブ後の3球目まで含めた練習です。

サーバーは、サーブを打った後、オープンコートのターゲットゾーンを狙って3球目を打ちます。

第1局面のプレー原則は、「その後の展開に有利な状況を作る」です。

サーブ後のラリーが長くなればなるほど、サーブの優位性は下がります。

そのため、サーブと3球目のショットで優位に立てるように組み立てを意識します。

リターンが甘ければ、3球目でエースを取るつもりで打つことも大切です。

 

最後に

今回は、戦術的なサーブ練習をご紹介しました。

戦術的に使えるサーブを習得するには、実戦をイメージして逆算することが重要です。

相手にどのようなリターンをさせたいのかを考えながら、サーブ練習に取り組んでください。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術② サービスキープは勝つための絶対条件(2013)
  • 丸山淳一:マルチアングル戦術図解 テニスの戦い方 7球目までに決着をつける攻撃(2019)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.