戦術的なリターン練習

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、戦術的なリターン練習についてご紹介します。

次の記事と合わせて、ぜひ読んでみてください。

 

センター深くに返す守備的なリターンの練習

これは、相手の厳しいサーブ(ファーストサーブ)をセンター深くに返す練習です。

第1局面のリターンでの準原則である「相手のサーブがいいときは、センターへのリターンで相手が攻撃しにくい状況を作る」を想定しています。

上のレベルになるとサーブ力が上がり、センター深くへのリターンがベースとなるので、しっかりと練習することが必要です。

センター後方にターゲットゾーンを設定し、サーバーが打ったファーストサーブをターゲットゾーンを狙ってリターンします。

サーバーには、試合のつもりでレシーバーを本気で崩すようなサーブを打つように指示してください。

 

コースを狙った攻撃的なリターンの練習

これは、相手のサーブが甘くなったときに、攻撃につなげるためのリターンを打つ練習です。

第1局面のリターンでの準原則である「相手のサーブが甘くなったら、攻撃的なリターンで攻める」を想定しています。

クロス、ストレート、ショートクロスの3カ所にターゲットゾーンを設定し、セカンドサーブをターゲットゾーンを狙ってリターンします。

ポイントとしては、ターゲットゾーンに入ったかだけでなく、リターンの球質も意識することです。

サーバーを崩せるような球質のよいリターンでコースを狙えるように練習します。

 

リターンのポジションを変えながらリターン練習

これは、様々なポジションからリターンを返せるようになる練習です。

これにより、ゲームモデルである「ショットとポジショニングで相手から選択肢を奪うテニス」のポジショニングの選択肢を広げることができます。

リターンのポジショニングでもサーバーに揺さぶりをかけられるように、あらゆるポジションからリターンを練習します。

レシーバーは、前後左右にリターンのポジションを変えてリターンを返します。

前後については、ベースライン前方、ベースラインのすぐ後ろ、ベースライン後方(1.5~2mくらい)の3カ所で練習します。

左右に関しては、ワイド寄りとセンター寄りを練習しておきます。

 

状況判断を伴うリターン練習

状況判断を要求することによって、より実戦的なリターン練習をします。

ターゲットゾーンを、センター、クロス、ストレート、ショートクロスに設定します。

サーバーは、ファーストサーブとセカンドサーブの2本を打ちます。

レシーバーは、サーブに応じて守備的なリターンがよいか、攻撃的にリターンするかを判断して、リターンを返します。

同じサーブでも、レシーバーの技術や状況などで、どちらが適切か変わってきます。

甘いサーブに対して消極的になっていないか、反対に厳しいサーブにリスクの高いリターンをしすぎていないかを観察するのがポイントです。

必要に応じてプレーヤーとリターンの状況判断について議論することも大事かと思います。

 

最後に

今回は、戦術的なリターン練習についてご紹介しました。

レベルが上がってくれば、サーブキープが基本となります。

試合で勝つためには、リターンの技術・戦術を高めることは重要です。

相手のサーブと自分のリターン力から、適切なリターンを決める状況判断も含めて練習しましょう。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術② サービスキープは勝つための絶対条件(2013)
  • 丸山淳一:マルチアングル戦術図解 テニスの戦い方 7球目までに決着をつける攻撃(2019)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.