安定性はテニスの基本!相手のコートにボールを入れ続けるラリー

2020/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスの基本戦術である「相手のコートに入れ続ける」をトレーニングするためのラリーをご紹介します。

まずは相手のコートに返すというのは、テニスの基本ともいえます。

ここでは、「相手のコートに入れ続ける」ラリーをより質の高いものにする工夫もご紹介します。

まずはとにかくミスせず続ける

まずは、とにかくミスせず続けることができるようになる必要があります。

最初は、コースやボールの質などは気にせず、自分が安定して返し続けるボールで続けるラリーから始めていきます。

慣れてくれば、ボールのスピードを上げたり、以下で紹介するバリエーションを取り入れたりします。

 

返すエリアを設定する

返すエリアを設定すれば、ボールコントロール力の向上にもつながり、技術トレーニングのためのラリーともいえます。

例えば、ストレートラリーやクロスラリーもこれに含まれます(返すエリアはコート半面)。

よりボールコントロールの精度に負荷をかけたければ、ターゲットゾーンを設定するのもよいです。

例えば、一方は全面にボールを打ち、もう一方がコートのセンター深くのターゲットゾーンに返すと設定すれば、守備のトレーニングにもなります(全面に打つ側はテニスの基本戦術「相手を走らせる」のトレーニングにもなります)。

全面vsセンター

全面vsセンター(赤:ターゲットゾーン)

 

打つショットを指定する

打つショットを指定することで、特定のショットやフットワークを重点的に強化することができます。

例えば、フォアハンドのみのラリーと指定すれば、バックハンド側に来たボールも回り込んで打たなければなりません。

それによって、回り込みフォアのフットワーク向上にもつながり、試合で積極的にフォアで攻撃できるようになります。

また、バックハンドのみのラリーで、バックハンドの安定性を高めるというのも効果的です。

フォアバック交互に必ず打つというのもあります。

 

ショットの回転を指定する

回転を指定するのも、バリエーションの1つです。

例えば、一方はスピンのみでもう一方はスライスのみといった感じです。

これによって、スライスに対するスピンの返球(スピンに対するスライスの返球)をトレーニングすることもできます。

あとは、回転量をコントロールするというのもいいと思います(例:回転量の少ないドライブと回転量の多いヘビースピンを交互に打つ)。

 

一定時間内での往復回数を数える

このラリーでは、安定性に加えてテンポの早さが要求されます。

例えば、1分間にノーミスで何往復できるかといった感じです。

往復回数を増やすためには、ボールスピードを上げるか、ポジションを前にしてテンポを早めるかする必要があります。

そのため、自分のベースとなるラリーペースを高めるのに有効な練習です。

トッププロのレベルでは1分間で30往復以上(1秒に1ショット以上)でのラリーペースが要求されるともいわれています。

 

最後に

今回は、テニスの基本戦術である「相手のコートに入れ続ける」ためのラリーをご紹介しました。

テニスは、相手のミスによる得点がエースでの得点よりも多いスポーツです。

ある程度のレベルの選手でも、より厳しい状況での安定性を高めるために今回紹介したラリーを取り入れた方がよいと思います。

最後に、今回の参考資料をご紹介します。

  • テニスフォーラム事務局:DVD 「テニスフォーラム 2017」

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.