ニュートラルゾーンでのストロークラリーの戦術的練習

2020/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、第2局面のニュートラルゾーンでのストロークラリーに関する戦術的練習を取り上げます。

ニュートラルゾーンでのラリーは、ラリーを展開していくうえで、ベースとなる部分です。

今回ご紹介する練習を通して、ニュートラルゾーンでのラリーの質を高めていきましょう。

 

以下の記事と合わせてお読みください。

 

ニュートラルゾーン同士でのストロークラリー(ベースアップ)

この練習では、ニュートラルゾーンでしっかりと打ち合えるように、ラリーのベースアップを狙います。

実際にやってみるとわかると思いますが、ニュートラルゾーンで本気で打ち合うのはかなり難しいです。

簡単にディフェンスゾーンに下げられないようにするためにも、アタックゾーンに入る展開を作るためにも、ニュートラルゾーンでの本気のラリーに慣れておきましょう。

ニュートラルゾーンをラインマーカーなどで設定し、プレーヤーはその範囲内でラリーをするようにします。

最初は反面(ストレート、クロス)でのラリーから始め、慣れてきたらセンターへのリカバリーも行わせます。

そして、全面でのラリーへとつなげていきます。

 

この練習では、次のポイントを意識して行います。

  • 苦しくなっても、ポジションを下げたりボールスピードを下げたりしない(しっかりと打ち合い、ラリーテンポを一定以上に維持する)
  • 相手にアタックゾーンに踏み込んで打たれないようなショットを打ち続ける

 

ニュートラルゾーン同士でのストロークラリー(コントロール向上)

この練習では、ニュートラルゾーンからしっかりとコースを狙えるようにすることが目的です。

第2局面のニュートラルゾーンでの準原則である「コントロールとショットの多彩さで相手を崩す」のコントロールにフォーカスした練習といえます。

基本は、ベースアップのラリーと同じですが、ここではターゲットゾーンを設定して、コントロールをより意識したラリーにします。

 

この練習でのポイントとしては、次の点が挙げられます。

  • ニュートラルゾーンから下がらない
  • コントロールは重視しつつも、ラリーテンポが極端に下がらないようにする(コントロールが大きく乱れない範囲で、できるだけ早いラリーテンポを保つ)

 

この練習は、どの球種でもコントロールが安定するように、球種ごとにラリーするようにします。

 

ニュートラルゾーンでのストロークラリー(変化をつける)

この練習では、ニュートラルゾーンでショットの変化で相手を崩すための基礎づくりが目的となります。

第2局面のニュートラルゾーンでの準原則である「コントロールとショットの多彩さで相手を崩す」のショットの多彩さにフォーカスした練習といえます。

ここでは、ニュートラルゾーンでのストロークラリーに、「9つのボール調整」を取り入れていきます。

 

例を挙げると、次のようなイメージです。

  • スピンとスライスを交互に打つ
  • 1球ごとに回転量を変化させる

 

ニュートラルゾーンでの全面ラリー(リカバリー)

この練習では、ニュートラルゾーンでのラリーでリカバリーを意識することが目的です。

第2局面のニュートラルゾーンでの準原則である「体勢やポジションが崩されたときは、ショットとポジショニングで立て直す時間を作る」が含まれます。

ニュートラルゾーン限定での全面ラリーですが、相手が打つときに最適なポジションに戻っているかを意識します。

相手に崩されたところから立て直す力を伸ばすためにも、角度をつけるなどお互いに相手を崩す配球を意識してラリーします。

 

ニュートラルゾーンで変則的なポイント形式

この練習では、コントロールとショットの多彩さで相手を崩す配球を身につけることが目的です。

ここまでの練習で身につけた技術を組み合わせて、第3局面へとつなげるラリー力を身につけます。

ニュートラルゾーン限定の全面ラリーで、変則的なポイント形式を行います。

自分がアタックゾーンでショットを打つか、相手をディフェンスゾーンに下げると、ポイントとなります。

コントロールとショットの多彩さで相手を崩す」ことを意識してショット選択をします。

加えて、打たせたい方にわざとオープンコートを作るなど、「ポジショニングで相手のショットを誘導する」という準原則にもトライしてみてください。

 

最後に

今回は、第2局面のニュートラルゾーンでのストロークラリーに関する戦術的練習をご紹介しました。

ニュートラルゾーンでのラリーを磨くことで、ディフェンスゾーンに下げられることが減り、アタックゾーンに入るチャンスを作りやすくなります。

ニュートラルゾーンでのラリーの質を高め、ストロークラリーで相手を崩せるようになりましょう。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • テニスフォーラム事務局:DVD「テニスフォーラム 2015」

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.