これでロブも怖くない!テニスの試合で使えるスマッシュを磨く練習

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスの試合で使えるスマッシュを磨く練習をご紹介します。

 

「ネットに詰めてロブを上げられると、スマッシュをミスしそうで怖い」

「スマッシュ練習ではうまく打てるのに、試合だとミスを連発する」

スマッシュに苦手意識をもつテニスプレーヤーは少なくないかと思います。

 

この記事では、スマッシュが苦手なテニスプレーヤーが多い理由から、試合でも自信をもって打てるようになるスマッシュの実戦的練習をご紹介します。

スマッシュが苦手なテニスプレーヤーが多い理由

スマッシュが苦手なテニスプレーヤーが多い理由は、主に2つあります。

  1. 他のショットに比べて練習時間が短い
  2. 試合でほとんどこない易しいロブでのスマッシュ練習

 

他のショットに比べて練習時間が短い

1回の練習で、どのくらいスマッシュをしますか?

5~10分くらいではないでしょうか。

場合によっては、打たない日がある人もいるかもしれません。

 

スマッシュを打つ機会が少ないこともあり、他のショットに時間を割きがちです。

練習時間が短ければ、うまく打てないのは当然ともいえます。

 

スマッシュは、ポイント獲得に重要なショットです。

スマッシュを打つ時間を、しっかりと取るようにしてください。

試合でほとんどこない易しいロブでのスマッシュ練習

スマッシュ練習というと、コーチがプレーヤーの打ちやすいところに易しいロブを上げることが多いです。

しかし、実際の試合で易しいロブはほとんどきません。

相手も簡単にポイントを与えないために、厳しいロブを上げるはずです。

 

どんな厳しいロブでもスマッシュできるようにするには、さまざまな回転や高さ、コースのロブに慣れておく必要があります。

試合で使えるスマッシュを身につけるには、相手が本気で上げたロブでのスマッシュ練習が必要です。

 

試合で使えるスマッシュを磨く練習

それでは、試合で使えるスマッシュを磨く練習をご紹介します。

ラケットで上げられたボールをキャッチ

スマッシュのポイントとしては、「ボールの落下点にしっかりと入れるか」が重要です。

スマッシュを打つ前に、ラケットで上げられたロブをキャッチすることで、落下点の予測力を養います。

  1. 野球用のグローブをつけて、ネットプレー時のポジションに構えます。
  2. コーチがロブを上げ、プレーヤーはボールの落下点まで動いてボールをキャッチします。
    コーチは、試合のつもりで厳しいロブを上げてください。

回転や高さ、コースを変化させて、さまざまなロブに対応できるようにします。

 

ロブ&スマッシュ

ロブ側が試合のつもりでロブを上げれば、ロブ&スマッシュはより実戦的なスマッシュ練習になります。

普段から厳しいロブに慣れておけば、試合で自信をもってスマッシュを打てると思います。

コート半面でターゲットゾーンにスマッシュを返し続ける、ロブvsスマッシュでポイント形式など、さまざまなパターンで練習してみましょう。

 

ボレーvsストローク(ストローク側はロブで積極的に上を抜かせる)

試合では、サイドも守りつつロブがきたらスマッシュを打つことになります。

そのため、ボレーとスマッシュを組み合わせて練習することが必要です。

ストローク側にロブで積極的に上を抜くように指示して、ボレーvsストロークをします。

ストローク側も、ネットプレーヤーに対するロブの使い方をトレーニングできます。

慣れてきたら、「ロブが上がったらスマッシュを一発で決める」という条件をつけます。

どんなロブでも一発で決められるようになれば、スマッシュが相手にとって脅威となります。

 

最後に

今回は、試合で使えるスマッシュを磨く練習をご紹介しました。

この記事のポイントをまとめておきます。

  • スマッシュの練習時間をしっかり確保することが必要
  • 相手が本気で抜きにきたロブでスマッシュ練習
  • スマッシュのポイントは「落下点にしっかりと入る」
  • ボレーとの複合練習も忘れずに

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術③ ゲームの最終局面、ポイント獲得!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.