サーブの基本は”投げる”!テニスのサーブに効果的なボール投げ

2020/07/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスのサーブに効果的なボール投げをご紹介します。

テニスのサーブは投げる動作に近く、基本を身につけるのにボール投げはうってつけです。

テニスのサーブに効果的なボール投げ

それでは、テニスのサーブに効果的なボール投げをご紹介します。

正面向きのボール投げ

まずは、正面向きで立ってボールを投げます。

正面向きで立つと、腕だけではボールを遠くに飛ばせません。

身体のひねりを使って投げることを意識して行います。

  1. 正面向きで立ち、肘は肩の高さに上げて90°に曲げます。
  2. 身体をひねり、そのひねり戻しの力を使って投げます。

 

横向きからボール投げ

次は、横向きからボールを投げます。

横向きになっても、身体のひねりを意識することが重要です。

  1. 横向きで立ち、肘は肩の高さに上げて90°に曲げます。
  2. 身体をひねり、そのひねり戻しの力を使って投げます。

 

上に向かってボールを投げる

野球のピッチングとテニスのサーブは動作は近いですが、大きく違う点があります。

それは、腕を振る方向です。

ピッチングでは腕を前に振りますが、テニスのサーブでは腕を上へ振り上げます

腕を上に振り上げる感覚を養うために、ボールを上に向かって投げます。

  1. 横向きで立ちます。
  2. 身体をひねり、そのひねり戻しの力を使ってボールを上に投げます。
    方向としては、地面に対して80°くらいのイメージで投げます。




2個のボールを使ったボール投げ

このボール投げは、よりテニスのサーブの動きに近いものです。

右手と左手のリズムを意識して行います。

  1. 両手に1個ずつボールを持ちます。
  2. 身体をひねると同時に、サーブのトスのように、非利き手側のボールを上に投げます。
  3. トスしたボールを狙って、利き手側のボールを投げます。

 

バスケットボール(メディシンボール)でボール投げ

最後は、バスケットボール(メディシンボール)を使ったボール投げです。

このボール投げは、サーブでの身体の使い方の習得を目的としています。

脚の力身体のひねりを使うことを意識して行います。

  1. サーブの構えのように立ち、バスケットボール(メディシンボール)を持ちます。
  2. 身体をひねって、肘が肩の高さにくるようにします(サーブのトロフィーポーズ)。
  3. 脚の力と身体のひねりを使って、ボールを上に投げます。

 

最後に

今回は、テニスのサーブに効果的なボール投げをご紹介しました。

よいサーブを打つためには、身体のひねりを使うことが重要です。

ボール投げから、しっかりと身体のひねりを意識して行いましょう。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:基本がわかる テニスなるほどレッスン 丸ごと一冊「サービス」(2007)
  • 神谷勝則:基本が身につく テニス練習メニュー200(2011)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.