カギは”タイミング”!テニスのライジングを身につける練習法

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスのライジングを身につける練習法をご紹介します。

ライジングを打てるようになると、タイミングを変化させることができ、戦術の幅が広がります。

ライジングとは

練習内容に入る前に、ライジングについて確認しておきます。

ライジングとは、バウンド直後からバウンドの頂点の間で打つショットのことです。

バウンドの頂点から落ちてくるボールを打つ通常のストロークと比べて、ライジングは難易度の高い技術です。

ライジングは、日本人テニス選手の海外勢への対抗手段として効果的だといわれます。

クルム伊達公子選手も、ライジングを武器に世界で戦った日本人選手の1人です。

 

ライジングが打てると、次のようなメリットがあります。

  • 早いタイミングで返すため、ウィナーを狙いやすい
  • ライジングと通常のストロークを使い分けて、ラリーのテンポ(リズム)に変化をつけられる
  • 相手のショットのパワーを利用して、強いボールが打てる
  • 深いボールを下がらずに処理でき、攻撃的なポジションを保ちやすい

ライジングは、テニスの幅を広げる意味でも身につけておきたいショットです。

 

ライジングの段階的練習法

ライジングのカギとなるのは「タイミング」です。

ライジングは、タイミングをつかむのが難しいため、段階的に練習していくとよいです。

ショートバウンドボールキャッチ

ショートバウンドボールキャッチで、ライジングのタイミングを掴んでいきます。

  1. 3~4m離れて、向かい合って立ちます。
  2. 相手が下からゆっくりと投げたボールを、ショートバウンドでキャッチします。

ポイントは、キャッチするときに全身を使うことです。

膝を曲げて、身体全体でタイミングを取るようにします。

 

ショートバウンドラケットトス

「ショートバウンドボールキャッチ」でタイミングをつかんだら、次は「ショートバウンドラケットトス」を行います。

  1. 3~4m離れて、向かい合って立ちます。
  2. 相手が下からゆっくりと投げたボールを、ショートバウンドでやさしく打ち返します。

「ショートバウンドボールキャッチ」と同様、膝を曲げて身体全体でタイミングを取るようにします。

 

サービスボックス内でハーフボレーのラリー

手で投げたボールでタイミングをつかめたら、ラリーに移行します。

ラリーは短い距離から始めて、徐々に距離を伸ばしていきます。

最初は、サービスボックス内でハーフボレー(ショートバウンドで返すボレー)のラリーをします。

ラケットの動きは気にせず、全身でタイミングを取ることが重要です。

 

サービスボックスでミニラリー

次は、サービスラインの後ろに構えてサービスボックスでミニラリーをします。

徐々にスイングを大きくしていきますが、身体の回転でラケットを動かすことが大切です。

 

ベースラインからラリー

サービスボックスでのミニラリーの次は、ベースラインに下がってラリーをします。

ベースラインからだと難しい場合、サービスラインとベースラインの中間に構えてラリーをしてみるのもよいと思います。

初めは一定のボールでラリーをし、慣れてきたら相手に緩急をつけて打ってもらいます。

ライジングはタイミングが命ともいえるショットです。

ボールに変化をつけられても安定して返せるように、緩急のあるラリーに慣れておく必要があります。

 

ベースライン内でのラリー&ポイント形式

ベースライン内でのラリーやポイント形式によって、テンポの早いラリーに慣れておくのも効果的です。

「ベースラインよりも後ろに下がってはいけない」という条件で、ラリーやポイント形式を行います。

ベースライン付近にバウンドするボールを下がらずにライジングで返せるように練習しましょう。

 

最後に

今回は、テニスのライジングを身につける練習法をご紹介しました。

ライジングのカギは、「タイミング」です。

全身をうまく使って、どんなボールでもタイミングを合わせられるように練習しましょう。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 神谷勝則:基本が身につく テニス練習メニュー200(2011)
  • 神谷勝則:テニスはキャッチボールでうまくなる!(2012)
  • リチャード・ショーンボーン:ショーンボーンのテニスコーチングBOOK(1999)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.