テニスの戦術的アプローチショットを磨くラリー練習

2020/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスの戦術的アプローチショットを磨くラリー練習をご紹介します。

ラリー練習を通して、戦術的アプローチショットの質・バリエーションを高めていきましょう。

テニスの戦術的アプローチショットを磨くラリー練習

テニスの戦術的アプローチショットを磨くラリー練習をご紹介します。

条件つきアプローチショットからのボレーvsストローク

アプローチショットからのボレーvsストロークのラリーですが、アプローチショットに条件をつけて行います。

例えば、ターゲットゾーンを設定してコースを指定する、コース自由で球種を指定する、などです。

戦術的アプローチショットでは、ショット自体の質だけでなくバリエーションも求められます。

制限をつけることで、アイデアの引き出しを増やすようにします。

 

アプローチショットからのボレーvsストローク(ボレーは2球まで)

次は、ボレーは2球までしか打てないという条件で行います。

ラケットの進歩やフィジカル面の向上によってボールスピードが向上し、ネットプレーのリスクはより高まっています。

ボレーでのラリーを長引かせないように、少ない球数で決める練習もしておくとよいと思います。

このラリーのポイントは、フィニッシュのボレーから逆算してどんなアプローチショットを打つか考えることです。

アプローチショットとボレーがうまく組み合わさって、よいネットプレーが可能になります。

しっかりとアプローチショットとボレーでの組み立てを意識しながら行いましょう。

 

ストローク+アプローチショットからのボレーvsストローク

このラリーでは、アプローチショットの前に1本ストロークを打ちます。

ポイントとしては、ストロークとアプローチショットのコンビネーションを意識することです。

アプローチショットをより活かすにはどのようなストロークを打つべきか」を考えて行いましょう。

アプローチショットの種類(コース・球種)を指定して、そこからストロークを逆算で考えさせるのも効果的です。

また、ストロークをサーブに変えるのもよいと思います。

 

最後に

今回は、テニスの戦術的アプローチショットを磨くラリー練習をご紹介しました。

戦術的アプローチショットを磨いていけば、ネットプレーのリスクを抑えることができます。

戦術的アプローチショットを磨いて、自信を持ってネットプレーができるようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.