精度が鍵!テニスでのI攻撃の戦術的なラリー練習

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスでのI攻撃のラリー練習をご紹介します。

I攻撃にはボールコントロールの精度の高さが求められます。

しっかりとボールコントロールを意識して、I攻撃の質を高めていきましょう。

I攻撃のラリー練習での注意点

まずは、注意点を確認しておきます。

ターゲットゾーンを設定する

I攻撃の生命線はボールコントロールの精度の高さです。

ボールコントロールを磨くためにも、ターゲットゾーンを設定して狙いを明確にして行う必要があります。

 

精度→スピードの順にトレーニングする

戦術的なテニスを目指すためにはボールコントロールの精度を高めることが優先です。

打ちやすいボールスピードでターゲットゾーンにコントロールし、慣れてきたらボールスピードを上げるという順にトレーニングするようにしてください。

 

打った後に必ずポジショニング(リカバリー)を行う

テニスコート全面を守っているつもりでポジショニング(リカバリー)を行ってください。

ただし、2列以上での練習を同時に行うと、本来のポジショニングではぶつかる危険があります。

その場合は、センター付近に置いたマーカーをタッチするという形で行います。

 

I攻撃の戦術的なラリー練習

それでは、テニスでのI攻撃の戦術的なラリー練習をご紹介します。

ターゲットゾーンを設定したストレートラリー

まずは、ボールコントロールを磨いていきます。

最初は軽いスピンのかかったドライブ系のボールでコントロールを最優先して意識します。

慣れてきたら、「9つのボール調整」を使って、様々なボールをコントロールします。

また、選手のボールコントロールの精度が上がってくれば、3列(両サイドのアレー+センター)で行うこともできます(この場合は、ポジショニングは考えなくてもよいです)。

 

8の字ラリー

次は、クロスから来たボールをストレートにコントロールします。

実際のテニスの試合では、クロスボールをオープンコートのストレートに打つというシチュエーションが考えられます。

来た方向に返すのに比べて、コースチェンジするとミスが出やすいので、しっかりとコントロールできるようにしておきましょう。

4人同時に入って、下図のように打ち合います。

最初は、全選手が軽いスピンのかかったドライブ系のボールで、ターゲットゾーンを狙って打ちます。

慣れてきたらクロスに打つ側はボールを変化させ戦術的に配球します。

クロス側はX攻撃になるので、相手のリズムを崩すつもりで戦術的にボールに変化をつけてください。

ストレート側は、どんなボールが来てもボールコントロールの精度が落ちないようにトレーニングします。

様々なボールに対して安定したボールコントロールでストレートに打てるようになったら、ストレート側もどんな球種でもボールコントロールできるようにします。

 

8の字ラリー(前後の動き)

打つポジションに合わせて距離をコントロールします。

クロス側は深いクロスとショートアングルを打ち分けます。

ストレート側はボールの深さが変わっても同じターゲットゾーンにコントロールできるように、距離の調整を意識します。

 

8の字ラリー(早いタイミングでストレートコントロール)

ライジングやハーフバウンドの早いタイミングでストレートへコントロールします。

早いタイミングでストレートにコントロールできれば、より効果的なショットになり戦術の幅が広がります。

ストレート側はライジング(ハーフバウンド)で打ちます。

ストレート側にベースライン内で打つという条件をつけて行うのもありです。

このショットは難易度が高いですが、ぜひ練習してみてください。

 

最後に

今回は、テニスでのI攻撃の戦術的なラリー練習をご紹介しました。

ダウンザラインはコースを突くことができればエースにもつながりますが、甘くなればカウンターされやすいです。

リスクは高いですが、戦術的なテニスには欠かせないショットです。

試合でコースを狙って打てるように、練習で精度を高めてください。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術① 戦術を考えるために必要な基礎知識(2012)
  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術② サービスキープは勝つための絶対条件(2013)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.