テニスのラリーは4つの攻撃の組み合わせで決まる!

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは。

今回は、テニスでのラリーの展開について見ていきます。

タイトルにもあるように、テニスのラリーは4つの攻撃の組み合わせ(XIVA攻撃)で成り立っています

これを理解することで、ラリーの組み立てを考えるヒントになります。

また、ボールコントロール向上を目的としたラリーでも4つの攻撃のどれかの形で行うことになります。

4つの攻撃のそれぞれの特徴を理解しておけば、それぞれの攻撃に求められるボールコントロールを磨くことにつながります。

ここでは、4つの攻撃についてそれぞれ解説します。

もっともベーシックな展開:X攻撃

1つ目は、X攻撃です。

これは、クロスラリーを指し、もっともベーシックな展開です。

ネットの低い位置を狙うことができ、ストレートに比べて距離が長いためリスクが低いです。

X攻撃では、ボールに変化をつけて相手を崩し次につなげる展開力を鍛えることが重要です。

 

リスクが高く注意が必要:I攻撃

2つ目は、I攻撃です。

これは、ストレートラリーを指し、両サイドとセンターの3コースがあります。

両サイドでのI攻撃では、ネットの高い場所を通す必要があり、ネットミスの危険性が高まります。

加えて、クロスよりも距離が短いため、アウトもしやすいです。

そのため、I攻撃はリスクが高く注意が必要となります。

I攻撃(特に両サイド)では、ボールコントロールの精度の高さが要求されます。

ダウンザラインは、内側に入ればカウンターの餌食となりやすいです。

しかし、ある程度の球威で高い精度を保つことができれば強力な武器になりえます。

 

センターセオリーに対する攻撃:V攻撃

3つ目は、V攻撃です。

これは、センターから両サイドに展開する攻撃のことです。

センターセオリーの重要性が高まっていることから、その対抗策であるV攻撃が求められます。

特に、リターンでのセンターセオリーは主流となっているため、サーブ後の3球目はV攻撃をする可能性が高いです。

サーブからの3球目攻撃を強化するためには、V攻撃の質を高めることは必須といえます。

V攻撃では、サービスライン付近への角度をつけたショットが打てるとより攻撃的に展開できます。

難易度の高いショットなのでV攻撃で常に打つというものではありませんが、練習しておいて損はないと思います。

 

リターンや守備で使える:A攻撃

4つ目は、A攻撃です。

これは、両サイドからセンターへ打つことです。

A攻撃は、リターンやその後のレシーバー側の展開でよく見られる形です。

また、センターからは角度をつけにくいため、守備にも使えます。

A攻撃では、深く返球し続けられるというのが大前提といえます。

浅くなれば、相手にとってチャンスボールとなり決められやすくなります。

その上で、いかにボールに変化を与えて攻撃のチャンスを作り出せるかがポイントです。

 

最後に

今回は、ラリーの展開に関係する4つの攻撃について見てきました。

それぞれの攻撃の特徴やポイントを理解し、ラリーの組み立てやラリー練習に活かしてください。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術② サービスキープは勝つための絶対条件(2013)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.