サッカーの遠藤選手の本から「予測力」と「瞬時の判断」について考える

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、サッカーの遠藤保仁選手の『「一瞬で決断できる」シンプル思考』から、戦術的なプレーのカギとなる「予測力」と「瞬時の判断」について考えていきます。

 

この2つの能力は、プレースピードが速くなっている現代のテニスでは、重要な役割を果たすといえます。

この本では、これらに当たるものが、「先読み力」と「シンプル思考」として取り上げられています。

この本の中でも、テニスに応用できる部分を取り上げていきます。

先読み力

まずは、「先読み力」について見ていきます。

「相手をよく見る」ことが原則(相手の足や目線に注目)
視野を広げる(視界の端で情報をとらえる、0.1秒でもボールを見る時間を減らす)→常に複数の選択肢を持つようにする
ボールへの執着
試合の「流れ」を意識する(よい流れではシンプルに、悪い流れは断ち切る)
基本を無意識レベルに落とし込むことが、先読みには必要(先読みできても、基本ができていなければ意味がない)
平常心を保つことで、周囲の変化に気づきやすくなる

テニスにおいても相手の配球を読むことは試合を有利に進める上で重要です。

相手の返球を読むことができれば、早くポジショニングすることができ相手がどのショットを待っているか分かれば逆をつくこともできます。

相手の返球を読むためには、相手をよく見ることはサッカーと同様に必要です。

技術の向上によりショットを読みにくくなっていますが、それでも「相手をよく見る」ことは重要です。

そして、「どんなボールでも返す」という執念が、余計な考えを排除し相手のショットへの集中力を高めます。

 

また、相手の逆をつくためには、ボールを打つ直前までできるだけ情報収集する必要があります。

自分の蹴りやすいところに止めることができるサッカーとは異なり、来たボールを直接打たなければならないため、サッカー以上にボールの動きをよく見る必要はあると思います。

しかし、ボールの動きを把握しつつ視界の端で相手の動きを察知できれば、相手の逆をつくことができます。

 

これに加え、相手の情報収集をしながらでも崩れない技術、高いボールコントロールも必要となります。

そのためには、ショットの技術だけでなく、「適切な打点に早く動いて正確に止まる」というフットワークの基本を高めることが大切です。

 

シンプル思考

次は、「シンプル思考」について見ていきます。

シンプルにゴールに直結するプレーをする
「勝利する」という結果から逆算する
勝負どころでは、物事を単純に考えて勝負に徹する(シンプルに相手の嫌がることをする)

テニスで勝利するためには、ポイント、ゲーム、セットを取ることが必要です。

そのため、試合での勝利という最大の目的から逆算し、「このセットではどう戦うか」「このゲームを取るにはどうするか」「このポイントはどのようにプレーするのか」を考える必要があります。

 

ただし、試合展開やその場の状況に応じて何度も軌道修正する必要が出てくるため、大まかに考えておく必要があると思います。

あまり考えすぎると変化に柔軟に対応しにくく、目の前の状況に集中しにくくなります。

試合全体の大まかな戦略を決め、後は目の前のポイントに集中することが求められると思います。




プレーや練習に対する考え方

ここまでで、「先読み力」と「シンプル思考」について見てきましたが、最後に遠藤選手がプレーや練習に対してどのような考え方をもっているのかを見ていきます。

この考え方は、「先読み力」や「シンプル思考」にもつながる部分です。

心は熱く、行動は冷静に(「絶対に負けない」という気持ちの強いほうが勝つ)
→冷静さを失わないために、プレー中でも笑顔でいる
ここぞというとき、一瞬で100%の集中力を発揮することが大事
→集中力に強弱をつける
何事も楽しみを取り入れることが物事を続ける秘訣
目の前のことに全力を尽くす
自分がいちばん楽しいと思えるプレーをすることで、感性が磨ける(他の人が簡単にまねできない「強み」を持つ)
型をもたないのが最強→「自然体」でいる

近年テニスプレーヤーはオールラウンダー(ネットプレーやストロークラリーを状況に応じて使い分けるプレーヤー)化しています。

プレーの幅を広げることは、対応力を伸ばし相手を迷わせることにつながります。

型を持たないプレーヤーとは、テニスでいえばオールラウンダーを表すと考えます。

 

これを踏まえると、オールラウンダーに育てつつ、選手個々の楽しいと感じるプレーを伸ばして強みにするという指導方針がいいのではないかと思います。

 

また、「目の前のことに全力を尽くす」という部分は、W. T. ガルウェイの「インナーゲーム」にある「今、ここ」に集中することにも通じる部分があるかと思います。

最後に

今回は、遠藤選手の書籍をもとに、「予測力」と「瞬時の判断」について取り上げてきました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.