決定率を高める! ネットプレー対ストロークのラリー練習

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、第3局面を想定したネットプレー対ストロークのラリー練習をご紹介します。

第3局面については、下の記事に書いてあります。

 

第3局面で必要な考え方

ネットプレーでの考え方

第3局面のネットプレーのプレー原則と準原則について、改めておさらいしておきます。

プレー原則 ポジションを上げつつ少ないショット数でポイントを取る
準原則

難しいボールが来たら、相手のパスを限定し、次のチャンスにつながるコースに打つ

いいショットが返ったらポジションを一歩前に詰める

チャンスボールはオープンコートに叩くか、タッチショットで厳しいコースを突いて確実に決める

プレー原則の「少ないショット数でポイントを取る」を見ると、「厳しいコースをついて一発で決めないと」と思われるかもしれません。

ですが、それは違います。

 

準原則にもあるように、「難しいボールが来たら、相手のパスを限定し、次のチャンスにつながるコースに打つ」のです。

決めるボレーは、その前の崩すボレー(またはアプローチショット)との2ショットで1セットというイメージを持つことが大切です。

 

相手のネットプレーに対抗する際の考え方

第3局面の相手のネットプレーに対するプレー原則と準原則について、まとめます。

プレー原則 自分の体勢やポジションを整えつつパスやロブで抜くチャンスを狙う
準原則

パスを打つのが難しければ、相手に難しいボレーを打たせつつ自分のポジション・体勢を立て直す

パスを打つチャンスがあれば、積極的に狙う

ネットプレーと同様、「崩して、決める」の2段構えで考えることがポイントです。

もちろん、状況によっては最初から抜きにいってもいいですが、レベルが上がれば上がるほどそのような状況は少なくなるといえます。

なぜなら、相手がネットに詰めた時点でパスで抜くチャンスがある状況というのは、体勢やポジションが悪かったり、アプローチショットの選択が良くなかったりと、相手のミスによることが多いからです。

相手が適切なアプローチショットとポジショニングによってネットに詰めてきた場合は、「崩して、決める」という2段階が必要になります。

 

2対1(ストローク側が2人)のボレスト

ネットプレーとそれに対抗するために必要な考え方を見てきたところで、いよいよ具体的なラリー練習に移っていきます。

まずは、ストローク側が2人で2対1のボレストを行います。

これは、主にボレー側の崩す技術・配球を磨くこと、ストローク側が崩されるのを防ぐための技術・配球を磨くことが目的です。

 

ボレーvsストロークでのポイント形式

次は、「ボレーvsストローク」で「崩して、決める」を実戦形式に落とし込んでいきます。

  • ストローク側から球出しをし、ボレーvsストロークでポイント形式を行います。
  • ボレー側は、3ショット以内にポイントを取らなければいけないという条件をつけます。(これはプレー原則の中にある「少ないショット数でポイントを取る」を意識するためです)
  • ボレー側は「相手を崩すにはどうすればいいか?」を、ストローク側は「相手に崩されないようにしつつパスのチャンスを作り出すにはどうすればいいか?」を考えながら行うことが大切です。

 

ある程度できるようになってきたら、ボレー側は2ショットまでにする、最初の球出しをどんなボールでもOKにするなど、より実戦に近づけて行います。

 

アプローチショットからのボレーvsストローク

次は、アプローチショットからのボレーvsストロークです。

アプローチショットから始まることで、ボレー側はアプローチショットで崩して、ボレーで決めるというパターンが使えます。

  • ストローク側の球出しからスタートで、アプローチショットからボレーvsストロークを行います。
  • ボレー側は、アプローチショットを含めて3ショット以内にポイントを取らなければいけないという条件をつけます。

 

最後に

今回は、第3局面を想定したネットプレー対ストロークのラリー練習をご紹介しました。

ポイントは、「崩して、決める」の2段構えです。

ラリー練習を通じて、相手を崩すボレーやパスを身につけましょう。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術③ ゲームの最終局面、ポイント獲得!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.