テニス版戦術的ピリオダイゼーションで戦術的なテニスプレーヤー育成を考える②

2020/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

前回の記事に引き続き、「テニス版戦術的ピリオダイゼーション」をどう使うかを考えていきます。

 

前回の記事はこちらから

 

今回は、第1局面(サーブ・リターン)のプレー原則・準原則について考えていきます。

第1局面のプレー原則

まずは、第1局面のプレー原則を考えていきます。

第1局面は、各ポイントの1・2打目にあたります。

現代では、ラリーが短くなっているため、サーブとリターンの重要性はますます高まっています。

加えて、次の第2局面・第3局面を見据えることが大切です。

 

これらのことから、第1局面のプレー原則は次のようになります。

その後の展開に有利な状況を作る

 

第1局面の準原則

次は、第1局面の準原則について考えていきます。

ここでは、サーブとリターンでそれぞれ見ていきます。

サーブでの準原則

プレーヤーのレベルにもよりますが、基本的にはサーバー側が有利とされています。

つまり、主導権を完全につかむためのサーブが求められます。

では、主導権を完全につかむためには、どのようなサーブを打つのがよいでしょうか?

長身のプレーヤーであれば、速いサーブで押し切ることもできるかと思います。

ただ、ここでは「ショットとポジショニングで相手から選択肢を奪うテニス」というゲームモデルを基準に考えていきます。

そのため、スピードだけでなく、回転(種類と回転量)やコースを組み合わせて、相手を崩すことを考えることが必要です。

 

以上のことから、サーブでの準原則は次のようになります。

多彩なサーブで相手を崩す

 

リターンでの準原則

反対に、リターン側は不利な状況ということになります。

つまり、サーバーに主導権を握られないリターンが求められます。

同時に、チャンスには主導権を奪うリターンも必要です。

例えば、ファーストサーブや相手のサーブがいいときは、コーナーにいいリターンを返すのは難易度が高いです。

そのため、相手のサーブがいいときは、センターへリターンを返して相手が攻撃しにくい状況を作ることが大切です。

反対に、セカンドサーブや甘いサーブがきたときは、攻撃的なリターンで主導権を奪いにいくことが重要です。

そのため、相手のサーブが甘くなったら、攻撃的なリターンで攻めることが大切です。

 

以上のことから、リターンでの準原則は次のようになります。

相手のサーブがいいときは、センターへのリターンで相手が攻撃しにくい状況を作る

相手のサーブが甘くなったら、攻撃的なリターンで攻める

 

最後に

今回は、第1局面(サーブ・リターン)のプレー原則・準原則について考えてきました。

次回は、第2局面のプレー原則・準原則について考えていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.