ポジショニングに関する基礎知識

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、ポジショニングに関する基礎知識について書いていきます。

ポジショニングについて理解することで、テニスの基本戦術である「相手のショットに対して適切なポジショニング」に対するラリーをより効果的に行うことができます。

まずは、ポジショニングとは何かについて見ていきます。

ポジショニングとは

始めに、ポジショニングに関する説明をご紹介します。

ポジショニング能力とは、相手のコートにボールがある局面で、次に自分が打球するために合理的な場所で相手のボールを待つ能力のことである。

的確なポジショニングをおこなうためには、自分の空間的オープンコートの把握、相手の返球時のポジションや体勢の把握、相手の返球に関する特徴や癖の把握、テニスの配球に関するセオリーの把握など、さまざまな状況把握能力と、上記の状況把握から判断した打球ポジションにできるだけ早く移動するためのフットワークならびにスピードが必須である。

日本テニス協会:テニス指導教本Ⅰ(2015)

適切なポジショニングは、状況判断によって行われます。

打った後のリカバリーで、サイドステップやクロスステップによって相手を見ながら戻るのは、相手の状況を把握しやすくするというのもあります。

ポジショニングというのは、テニスの基本でありながらとても奥深いものだと感じます。

また、ポジショニングについては「横のポジショニング」と「縦のポジショニング」を考える必要があります。

それでは、これらについて詳しく見ていきます。

 

横のポジショニング

横のポジショニングとは、「相手の返球範囲の中央に構える」ことです。

そのため、相手の技術や自分の打ったショットによって構えるポジションが異なります。

基本のポジショニングの目安としては、「相手の打球ポジションと自分のコートのサービスのセンターマークを結んだ線の延長線上にポジショニングする」というのがあります。

基本的にはこの考え方でポジショニングし、相手との駆け引きや状況判断によってポジショニングを変えていくとよいと思います。

 

縦のポジショニング

縦のポジショニングとは、「ラリーの状況(攻撃、ニュートラル、守備)に応じた前後のポジショニング」のことです。

例えば、相手に攻撃され劣勢な場合は、ポジションを下げます。

反対に、自分が優勢で攻撃する場合は、ポジションを上げます。

ラリーの状況とポジションの関係は、イメージとしては次の図の通りです。

縦のポジショニング

堀内昌一:「テニス丸ごと一冊 戦略と戦術①」の図を参照

 

ただし、この縦のポジショニングはプレーヤーの技術力によって変わってくるため、必ずしも図の通りになるとは限りません。

また、相手のショットによっても攻撃すべきかつなぐべきかは変わってきます。

そのため、ラリーを通して、自分のオフェンスゾーンとニュートラルゾーンの境界線、ニュートラルゾーンとディフェンスゾーンの境界線はどこかを把握する必要があります。

 

ポジショニングは縦と横をミックスして考える

「横のポジショニング」と「縦のポジショニング」について説明してきましたが、ポジショニングはこの2つをミックスして考える必要があります。

相手の打球ポジションから横のポジショニングをしつつ、ラリーの状況や自分のショットと相手の体勢から縦のポジショニングを決定します。

イメージとしては、「相手の打つポジションはあのあたりだから横のポジショニングはここで、相手の体勢からチャンスボールが返ってきそうだからポジションを前にしよう」といった感じです。

これは経験値も必要となるため、ラリーを通して判断力を磨く必要があります。

 

最後に

今回は、ポジショニングに関する基礎知識についてまとめてきました。

ポジショニングを理解したら、「相手のショットに対して適切なポジショニング」をトレーニングするラリーで動きに落とし込んでいきましょう。

最後に、この記事の参考資料をご紹介します。

  • 日本テニス協会:テニス指導教本Ⅰ(2015)
  • 堀内昌一:テニス丸ごと一冊 戦略と戦術① 戦術を考えるために必要な基礎知識(2012)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.