テニスのフットワークトレーニング

2020/05/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、テニスのフットワークトレーニングをご紹介します。

前回の記事と合わせて、効果的なフットワークトレーニングに取り組みましょう。

ボールキャッチ

まずは、ラケットを持たない状態で、フットワークにフォーカスしていきます。

  1. リカバリーで使うステップをあらかじめ指定します。
  2. コーチがボールを離れたところに投げ、プレーヤーはそれを動いてキャッチします。
  3. キャッチしたらすぐに投げ返して、コーチが投げ返されたボールをキャッチするまでにスタート位置に戻ります。

 

このエクササイズを行う前に、リカバリーで使う各ステップの特徴やポイント、使い分ける判断基準などを簡単に説明しておくとよいと思います。

慣れてきたら、次のような条件をつけて負荷を高めていきます。

  • より少ない歩数でボールに近づく・リカバリーする(目安としては2歩以内)
  • 前後左右ランダムにボールを出す(リカバリーで使うステップはプレーヤーの判断に任せる)

 

フットワークを意識したラリー

いくらステップワークを身につけても、ラリーや試合で使えなければ意味がありません。

それぞれのステップをある程度身につけたら、ラリーで使えるようにしていきます。

  1. リカバリーする位置の目安として、マーカーなどの目印を置きます。
  2. フットワーク(ボールに近づく動き、リカバリー)を意識しながら、ラリーをします。

 

ラリーのコースは、左右の動きがメインならクロスラリー、前後の動きがメインならストレートラリーが適していると思います。

慣れてきたら、全面ラリーで多方向への動きをトレーニングします。

 

最後に

今回は、テニスのフットワークトレーニングをご紹介しました。

テニスのフットワークでは状況判断が重要となるため、ショットとフットワークの種類・スピードの関連性(どのくらいのショットを返したら、どのくらいの速さで戻る必要があるのか)を意識させるようにすることも必要です。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • テニスフォーラム事務局:DVD「テニスフォーラム 2015」

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.