クロスラリーを制する!X攻撃のラリー練習

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、X攻撃のラリー練習をご紹介します。

クロスラリーではボールに変化をつけて相手を崩すことが要求されます。

 

今回は、「9つのボール調整」をもとに、クロスラリーで相手を崩すためのラリー練習について見ていきます。

 

X攻撃のラリー練習での注意点

具体的なラリー練習をご紹介する前に、X攻撃のラリー練習全体に関わる注意点を確認しておきます。

ターゲットゾーンを設定する

このラリー練習は、戦術面の強化よりもボールコントロールの向上を目的としています。

そのため、漠然とクロスを狙うのではなく、ターゲットゾーンを設定してそこを狙わせることが大切です。

 

打った後のポジショニング(リカバリー)は必ず行う

これは、半面のラリーでよくあることですが、半面の真ん中でポジションを取ったままラリーを行う選手が多いかと思います。

ダブルスでのクロスラリーを想定しているのであれば、それでも問題ないです。

しかし、シングルスを想定しているのであれば、必ず打った後のポジショニング(リカバリー)は全面を守っているときと同じように行ってください。

 

自分のボールに対する相手の対応をしっかりと観察しながらラリーする

これは、戦術的なプレーをするために必要な観察力を養うという意味があります。

自分が同じボールを打ったとしても、相手によって対応は違ってきます。

「相手を観る」癖をつけておけば、戦術的にプレーを組み立てることにつながります。

また、自分のボールが相手にどう影響するかを理解するという意味もあります。

「スピンとスライスで相手の返球はどう違うのか」「低いボールと高いボールでは対応がどう変わるか」といった情報は、戦術的に考えるための大切な情報になります。

 

クロスラリーで相手を崩す!X攻撃のラリー練習

それでは、X攻撃のラリー練習をご紹介します。

高さを変える

同じターゲットゾーンに高さの異なるボールを打ち分けるラリー練習です。

選手Aは同じターゲットゾーンに低い弾道のボールと高い弾道のボールを打ち分けます。

それに対して、選手Bは同じターゲットゾーンに対して一定の高さのボールを打ちます。

選手Aは高さのコントロールを、選手Bは高さの変化に対する対応力をトレーニングすることになります。

 

タイミングを変える

同じターゲットゾーンにタイミングを変えて打つラリー練習です。

選手Aは同じターゲットゾーンにタイミングを変化させて(通常のタイミング、ライジング、ショートバウンドなど)打ちます。

それに対して、選手Bは同じターゲットゾーンに対して一定のボールを打ちます。

選手Aはタイミングのコントロールを、選手Bはタイミングの変化に対する対応力をトレーニングすることになります。

 

回転を変える

同じターゲットゾーンに異なる回転のボールを打ち分けるラリー練習です。

選手Aは同じターゲットゾーンにスピンとスライスを打ち分けます。

それに対して、選手Bは同じターゲットゾーンにトップスピンを打ちます。

選手Aは異なる回転の打ち分けを、選手Bは異なる回転に対する対応力をトレーニングすることになります。

選手Aの打つボールにフラット系を混ぜる、選手Bはスライスを返し続けるなどのバリエーションもあります。

 

回転量を変える

同じターゲットゾーンに回転量の違うボールを打ち分けるラリー練習です。

選手Aは回転量の多いスピンボールと回転量の少ないドライブボールを打ち分けます。

それに対して、選手Bは同じターゲットゾーンに一定のボールを打ちます。

選手Aは回転量のコントロールを、選手Bは回転量の変化に対する対応力をトレーニングすることになります。

選手Aに回転量の多いスライスと回転量の少ないスライスを打ち分けさせるというバリエーションもあります。

 

深さ・角度を変える

ここまでは、同じターゲットゾーンで打つボールを変えるラリー練習をご紹介しました。

このラリー練習では、複数のターゲットゾーンに打ち分けていきます。

選手Aは深いクロスとサービスライン付近へのショートアングルを打ち分けます。

それに対して、選手Bは同じターゲットゾーンに打ちます。

選手Aは深さ・角度のコントロールを、選手Bは異なる位置からの一定のターゲットゾーンへのコントロールをトレーニングすることになります。

選手Aはショートアングルの代わりにドロップショットを混ぜるというバリエーションもあります。

 

複数の変化を組み合わせる

このラリー練習では、ここまでのラリーで身につけた変化のコントロールを組み合わせていきます。

例えば、「回転+高さ」、「回転+深さ・角度」といった感じです。

選手Aはクロスに様々なボールを打ち分けます。

ただし、同じボールを2球続けて打ってはいけないという条件をつけます。

それに対して、選手Bは同じターゲットゾーンに一定のボールを打ちます。

選手Aはボールに変化をつけたコントロールを、選手Bは多彩に変化するボールに対する対応力をトレーニングすることになります。

慣れてきたら、お互いに様々なボールを打ち分けるクロスラリーも行います。

 

最後に

今回は、X攻撃のラリー練習をご紹介しました。

今回ご紹介したラリー練習を通して、相手を崩すための選択肢を増やすことが重要です。

そのためにも、打つショットに偏りが出ないように様々なボールを試してみてください。

 

最後に、今回の記事の参考資料をご紹介します。

  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術① 戦術を考えるために必要な基礎知識(2012)
  • 堀内昌一:テニス 丸ごと一冊 戦略と戦術② サービスキープは勝つための絶対条件(2013)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2019 All Rights Reserved.