『戦略脳を育てるーテニス・グランドスラムへの翼』

2020/05/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

こんにちは、トモヒトです。

今回は、「戦略脳を育てるーテニス・グランドスラムへの翼」という本をご紹介します。

この本は錦織圭選手を小学校時代に指導した柏井正樹コーチの考え方をまとめたものになっています。

この本には、戦術的なテニスプレーヤーの育成に必要なことが書かれています。

「どこに、どんなボールを打つのがいいか」を伝え、考えさせる

まず、「どこに、どんなボールを打つのがいいか」を伝え、プレーの中で考えさせることが大切です。

それを、実際のプレーや言葉かけなど様々な形で、プレーヤーに伝えていきます。

ある程度考える力があるプレーヤーであれば、「どうすればもっと相手を追い込めるかな?」と問いかけて考えさせることも必要です。

 

柏井コーチの指導で、戦術の重要性を物語る言葉として「ナイス、卑怯!」というのが挙げられます。

これは、相手の裏をかいてポイントを取りにいくプレーを称賛する言葉です。

ルールの範囲内で相手をいかに欺くか」という戦術的思考を磨くことを、大切にしていたことの現れかと思います。

 

戦術的思考を磨くうえで、プレーヤー自ら考える経験は重要だと思います。

プレーヤー自ら考える経験を積むには、ティーチング(そのスポーツに関する知識を教える)とコーチング(問いかけなどを通してプレーヤーを導く)のバランスが重要となります。

ティーチングは外側から知識を与えるのに対して、コーチングは内側にあるものを引っ張り出すというイメージです。

ティーチングばかりではプレーヤー自身が考える機会が奪われ、いわゆる「指示待ち」が生まれてしまいます。

一方、コーチングだけでは考えるための情報が欠落してしまうため、プレーヤーが混乱してしまいます。

そのため、必要な情報は伝えつつも、それに関係する場面を作り出し、プレーヤーが試行錯誤する機会を与えることが必要だと思います。

考えることを促すためにも、指導者は問いかけや追加の条件を示すことで、プレーヤーの頭を揺さぶることが大事です。

 

身体を意図した通りに動かせることが大切

戦術的に考える力が必要なことはもちろんですが、それを実行する力も必要となってきます。

戦術を実行する力の土台となるのが、身体を意図した通りに動かす力(コーディネーション能力)となります。

そのために、ラケットを持つ前段階で身体を操作する能力を高めることを重要視されています。

 

コーディネーション能力の重要性は、他のコーチも提唱しています。

コーディネーション能力を高めることができれば、プレーヤーの伸びしろを大きくすることができ、技術習得もより早くなります。

ボールを打つ前のアップや、ボールを打つ間の待ち時間などで、積極的にコーディネーショントレーニングを取り入れることは、ジュニア期(特に小学生)には必要です。

 

最後に

今回は、「戦略脳を育てるーテニス・グランドスラムへの翼」をご紹介しました。

この記事で紹介した内容以外にも、うまく伝えるための工夫やモチベーションの高め方など、指導するうえで参考となる内容がたくさん書かれています。

気になった方は、ぜひ手に取って読んでみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ご意見ご感想ありましたら、ぜひコメントお願いします。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
小学校時代に硬式テニスを始め、大学ではスポーツ科学について学びました。 戦術的なテニスプレーヤーを育成して、おもしろいテニスをするプレーヤーを増やし、日本テニス界の更なる発展に少しでも貢献できればと考えています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 戦術的なテニスプレーヤーを育成する , 2020 All Rights Reserved.